スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故すぐに救援に行かない

ハイチでM7.0の大地震があったというのに政府は何をしている。
「要請が無いから派遣できない」と原口総相はツイッターでポストしてたが
ハイチという国の状況を考えたら向こうから要請がないとか
そういう問題じゃないだろうに。
行くだけ行ってその途中、あるいは行ってからでも要請受けりゃいいんだよ。

阪神淡路の時は日本に来てくれた海外の援助隊を村山内閣が断ってたけどさ。
んで、鳩山はサモア地震の時のように電話がうるさいから、と言って
今夜はホテルのスィートにでも泊まりますか?


さて、汚ザワへの捜索で盛り上がってまいりましたが
この問題から目をそらすわけにはいかないでしょう。

「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める
昨年夏の衆院選当時の民主党選挙対策委員長だった赤松広隆農水相は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団中央本部(民団、鄭進団長)の新年パーティーであいさつし、民団による衆院選での民主党支援に「心から感謝申し上げる」と表明。そのうえで民団の支援は、外国人地方参政権獲得のためで、永住外国人への地方参政権(選挙権)法案の成立は民団への公約だと強調した。民主党幹部が、参政権を条件に民団から組織的な選挙支援を受けたことを認めたのは初めて。

 赤松氏は「鄭進団長をはじめ民団の皆さまには昨年、特にお世話になった。投票はしてもらえないが全国各地でいろんな形でご支援いただき、308議席、政権交代につながった」と語った。

 さらに「民主党中心の政権で地方参政権問題が解決するとの思いで応援してくれたと思う。その意味で公約を守るのは当たり前だ。本当にあと一歩。感激でいっぱいだ」と参政権法案の通常国会成立を約束した。

 民主党は意見集約が難航し、日本の有権者向けの衆院選マニフェスト(政権公約)に、外国人参政権付与を盛りこんではいない。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100113/stt1001130124000-n1.htm


民団の民さんのおかげで議席がとれたんだから
そりゃあ政権撮った後の政策が日本国民の為のものじゃないものばかり
優先されていってもしょうがないですねえ。
ところで、これは公選法に触れてるのでアウトですよね?ね?


今日の蝉丸Pのツィートで面白いものがあったよ。
「宇宙の歴史を1年で表すと」http://picup.omocoro.jp/?eid=506
必見w
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。