スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくしたあ

昨日のアクセス数がやたら伸びてて
しかも11月27日のエントリに来てる人が多くて
何が起きたと思ったらツイッターで亀田さんが取り上げてたのね。
恐るべしツイッターの影響力!
確かにこれはいろんなメディアや企業が目をつけるはずだわ。


汚ザワもそうだが、ほんとに民主のTOPは節操がないね。

strong>首相、視察にかこつけ選挙運動? 栃木、山梨でも
鳩山由紀夫首相は27日、地方視察の第3弾として高知県を訪れた。首相としての「公務」での視察だが、高知市内では、今夏の参院選に民主党公認で出馬予定の参院議員の事務所開きに出席。視察にかこつけた事実上の選挙運動との批判が高まりそうだ。

首相は同日、同県香南市の青果市場や商店街、高知市の特別養護老人ホームなどを視察。移動の際には地元住民と一人一人と握手を交わすなど、選挙運動さながらのパフォーマンスを繰り広げた。

 高知市内では、広田一参院議員の事務所開きに出席した後、近くの公園で演説し「今日は首相という立場(での視察)だから、あまり特定の人を応援できない」としながら、「広田さんも一緒の仲間として頑張っている。若い広田さんならできることがたくさんある」などと演説した。

 首相の地方視察は今年に入り3回目だが、栃木県視察では、今夏に改選を迎える梁瀬進参院議員が同行。山梨県視察では同じく改選の輿石東参院議員会長の会合に参加し、「参院選も輿石会長に大きな力を」と呼びかけていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100227-00000532-san-pol




AEDの設置も拒否してる日教組だからね。
こういうことも起こるだろうね。

ショック症状の児童、学校が自己注射薬使わず
兵庫県姫路市の市立小学校で1月、食物アレルギーの男児が給食を食べて急性反応・アナフィラキシーショックを起こした際、学校が保護者から預かっていた緊急用の注射薬を使わずに119番、搬送直前に駆けつけた母親の注射で回復していたことがわかった。

 文部科学省は昨年、ショック状態の児童生徒には教職員が注射をしても医師法に触れない、との通知を出していたが、学校側には正しく伝わっていなかった。専門家は「学校の危機管理の問題。症状が重い場合は、ためらわずに教職員が注射を」と呼びかけている。

 市教委によると、男児は1月15日の給食で脱脂粉乳入りのすいとんを食べた後、目の周りが赤くなる症状や頭痛、嘔吐(おうと)などを訴えた。学校は、症状を和らげる自己注射薬を保管していたが、「注射する取り決めを保護者と交わしていない」などとして使わず、119番。連絡で駆けつけた男児の母親が、学校を出る直前の救急車に乗って注射を打つと男児の症状は軽快し、2日間の入院で回復した。

 自己注射薬は、円筒形容器の先端を太ももに強く押しつけると針が出て、薬剤が体内に入る仕組み。服の上からでも打てる。男児については、食育担当教諭と保護者が給食の献立表でアレルギー食材の有無を確認していたが、この日は脱脂粉乳が入っているのに気付かなかったという。(略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100227-00000604-yom-soci


保護者が学校に自己注射を預けているのに
「注射する取り決めを保護者と交わしていない」って言って
注射するのを拒むってなんだかなあ。
そりゃ、何か起こった時の責任追及が嫌なんだろうけどさ。
でも、やっぱ穿った見方しちゃうよねえ。
日教組が絡むと。


金枠記念で久々に貼ってみる。
【選挙支援】初音ミクさんが歌う「日本国の消失」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。