スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んー・・・

汚ザワ不起訴の方針ってマジですか?
ありですか?
無でしょう。
特捜はペンキが欲しいのですか?
現代のペンキ=メール・FAXですか?
それともまんまペンキですか?

というわけで京地検にメールした。
https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=006


新宿区は特亜な人々には超優しいのにね。

<障害者自立支援給付>新宿区が「65歳以上認めず」の内規
障害者自立支援法で定められた居宅介護などの自立支援給付について、東京都新宿区が昨年10月以降、65歳以上の障害者から新規申請があっても認めないよう内規で定めていたことが分かった。厚生労働省は実態に応じて同給付と介護給付の両方を適用するよう求めており、区は「不適切だった」と認め、2日、措置を撤回した。

 ◇篠沢秀夫名誉教授の申請で発覚…指摘受け撤回

 テレビ番組「クイズダービー」で活躍した篠沢秀夫学習院大名誉教授(76)と妻礼子さん(69)が1月に自立支援給付の申請について相談した際に断られ、内規が発覚した。篠沢名誉教授は昨年2月に進行性の難病「筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症」(ALS)と診断され、既に介護給付を受けていた。

 厚労省の07年の通知などによると、65歳以上の障害者は、介護保険制度のサービスを受けるのが基本だが、介護負担が大きい場合などは、生活の手助けや補装具費補助などの自立支援サービスも受けることができる。

 だが区は昨年10月、「対象者が増えると事務作業などの面で処理しきれなくなる」と自立支援給付の運用ルールを改定していた。

 厚労省障害福祉課は「障害者自立支援法は、自治体は申請があれば面接を行い調査したうえで支給の是非を決めるよう定めている。新宿区の対応は法律違反の可能性もある」と指摘している。(略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000126-mai-soci


特亜な人たちは住民税払ってなくても健康診断とか無料で受けれて
非課税でいろいろ優遇があったりするのにね。
日本人には冷たいんだね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。