スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新党はどうでもいいんだが

この記事には突っ込まざるを得ない。
野田佳彦財務副大臣の発言に注目。

平沼・与謝野新党に各党は冷ややかな反応
(略)
国民新党の自見庄三郎幹事長も「かつて郵政民営化を一番、強力に推進したのが与謝野氏で、それに一番、反対したのが平沼氏だった。北極と南極ぐらい国家観と価値観の違う2人がひとつの理念でやっていけるのか。矛盾を感じる」と批判。「自民党は政権政党だから維持できた政党だ。今後もぞろぞろと逃げていく人が増えるだろう」との見方を示し、与党への影響は「政権というのは魔法の接着剤のようなものだ。与党3党はそう簡単にばらけない」と強調した。

 平野博文官房長官は「現時点で鳩山政権、連立政権としてどうのこうのいうことはない」と冷ややかに述べるにとどめた。

 野田佳彦財務副大臣は「国民が一番望んでいるのは民主党がしっかりすることだ。右往左往せず、そういうご期待に応えたい」と述べた。

 一方、公明党幹部は新党が参院選に与える影響について「もっとも影響を受けるのはみんなの党だろう。うちは候補者が増えるのは歓迎だ」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000580-san-pol


「民主党がしっかりすること」なんて望んでませんから。
期待なんて1ナノグラムもしてませんから。
内閣総辞職なら望んでますが。

誰も小沢には逆らえません。
なんて素敵な民主主義。

連合会長、静岡会長の発言めぐり小沢氏に謝罪
民主党最大の支持団体、日本労働組合総連合会(連合)の古賀伸明会長は5日の記者会見で、連合静岡の吉岡秀規会長が、参院選に向けた党支持率回復のためには小沢一郎幹事長の辞任が必要だとの認識を示したことについて、「不適切な発言で、不本意極まりない」と述べ、1日に都内の連合本部で小沢氏と会談し謝罪したことを明らかにした。

 古賀氏は同日、吉岡氏を連合本部に呼び出して厳重注意した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000561-san-pol




チャッピーさんの新作
国旗の重み ~西岡京治物語・前編~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。