スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても「お前が言うな」

殺処分による感染拡大阻止が有効な時期は、
とっくに過ぎてると言うのに未だに殺処分にこだわりますか。
しかも今度は「危機意識があまりにも足りてない」ときたもんだ。

何度も書いてるが、20日の口蹄疫発生報告後の28日に
畜産特別資金融通事業基金を仕分けしたり
「風評被害の防止」とやらでまともな報道させずに感染拡大に「貢献」したり
GW中に何ら手を打たず自分の趣味で外遊先選んだり
支持者とのバーベキューパーティしてた現与党、前農相、現農相に
「危機意識」は足りてたんですか?

「県の甘さがこれだけの感染と被害を生んだ」だと?はあ?
「現政府の」の間違いでしょうが。

宮崎県が殺処分回避を模索=農水相「例外認めず」―口蹄疫
宮崎県は9日、口蹄(こうてい)疫が多発した県東部地域の高鍋町にある畜産農家が種牛6頭の殺処分を拒否している問題で、6頭を県が譲り受けて保有し、処分を回避する検討に入った。この農家は種牛を県に無償譲渡する意向。東国原英夫知事も同日の記者会見で、無償譲渡を受けた上、目視や抗体検査でも異常が見つからなければ、県による管理を認めるよう国に要望したことを明らかにした。
 また同知事は、種牛を特例扱いする規定の策定に向けて隣県や農林水産省と協議を始めたことも明らかにし、今回の事例がその先駆けとなることに期待感を示した。
 これに対し、山田正彦農水相は同日夜の記者会見で、「宮崎県は危機意識があまりにもなさ過ぎる。県の甘さがこれだけの感染と被害を生んだと言ってもいい」と強く批判。今月4日に宮崎市で新たな感染が見つかったばかりであることにも触れ、殺処分の例外は認められないとの考えを改めて示した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100709-00000180-jij-pol



だいたい、「例外」や「違法」「脱法」だらけの現与党が
なんでこの「例外」だけはなんの協議もせずに「認めない」の一点張りなんでしょうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。