スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ赤な

今日も今日とて腹立つ記事がいっぱいだあ。

まずは朝鮮学校無償化。

朝鮮学校の無償化適用へ11月に基準決定 文科相
朝鮮学校への高校授業料無償化適用を判断する基準案について民主党が正式に了承したのを受け、高木義明文部科学相が22日の定例会見で、「基準は来月に入って早い時期に決めたい」と述べ、11月上旬に文科省として正式決定する方針を示した。

 また、柳田稔拉致問題担当相が、無償化適用の条件に教科書の改訂を加えるよう求めていることについて、「ご意見を時間をとってお聞きすることが大切と考えている」と話し、近く会談の場を持つ意向を明らかにした。ただ、柳田担当相の意向を受け入れて基準を変更する可能性については「何とも言えない」と言葉を濁した。

 朝鮮学校の教科書は内容が偏向しているなどと批判を受けているが、文科省側の示す基準案では、こうした点を不問にして無償化を判断することになっている。高木文科相と柳田担当相は、この問題をめぐって立ち話しかしていないことが判明し、批判されていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101022-00000557-san-soci

本文中にリンクされてた図。
zakzak.jpg
http://gourmet.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/434592/
この教育内容で無償化なんてありえないでしょ。
何度も書くが日本に対するテロリスト養成校といっても差支えないでしょ。
日本人拉致を正当化してるんだよ?
こんな重大な事を立ち話程度しかしてないのに最初は話し合ったとか
国会で追及されるまでしれ~っと言ってたんだよ?
真っ赤な政府は嘘も真っ赤。


で、その拉致対策本部が開催されたわけだが
このメンツはありえないでしょ?

菅改造内閣発足後、初の拉致対策本部開催
政府は22日、首相官邸で菅改造内閣発足後初の拉致問題対策本部(本部長・菅直人首相)の会合を開いた。首相は「北朝鮮で世代交代など非常に大きな変化が起きており、そういうことを踏まえて取り組んでいきたい」とあいさつした。

 会合には前原誠司外相、柳田稔拉致問題担当相、岡崎トミ子国家公安委員長らが出席し、北朝鮮情勢について意見交換した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101022-00000641-san-pol

韓国での反日デモに参加した岡崎トミ子だよ?
こいつが国家公安委員長ってのがそもそもおかいしのだが。

その過去を国会で突かれてこんなわけわからん答弁したそうで。

岡崎公安委員長「反日デモは国益にかなう」
岡崎トミ子国家公安委員長は22日の衆院法務委員会で、自身が通常国会の会期中の平成15年2月、ソウルの在韓日本大使館前で韓国の慰安婦問題支援団体主催の反日デモに参加したことについて、「私は国益にかなうという思いを持っている」と強調した。菅直人首相はこれまで「本人は過去の言動に配慮に欠けた面があり、誤解を招いたことを深く反省している」(6日の衆院代表質問)と答弁しており、閣内不一致の様相を呈している。

 岡崎氏はデモで韓国人参加者と大使館に向かってこぶしを振り上げた。現場には日の丸に「×印」をつけた看板も並べられていた。

 岡崎氏は「私の活動が『反日』だといわれたことが誤解だ」と主張。「×印」付きの日の丸については「後方にあったので気付かなかった。日本の国旗国歌を尊重することは大事だと考えている」と弁明。デモで訴えた内容については「人間の尊厳回復を訴えた」と述べた。
(略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101022-00000651-san-pol

はあ?国益にかなう?
はあ?後方にあったので気付かなかった?
okazaki.jpg
こに位置で気づきませんか、そうですか。

詳しくは国会中継動画でどうぞ。
2010年10月22日 衆議院法務委員会 稲田朋美議員


真っ赤な政府の本領発揮と言えばこれもありえないでしょう。

検察検証の第三者機関、座長に千葉前法相 柳田法相が会見
柳田稔法相は22日、大阪地検特捜部の押収資料改竄(かいざん)・犯人隠避事件を受けて設置を決めていた第三者機関「検察の在り方検討会議」の座長を、前法相で弁護士の千葉景子氏に打診し、了解を得たと発表した。

 柳田法相は千葉氏を選んだ理由について、「弁護士で法律分野の造詣も深く、前法相として法務・検察の事情もよくご存じだ」と説明。千葉氏からは「頑張ります」と返事があったという。

 千葉氏は法相退任後、メディアで特捜部不要論ともとれる発言をしており、特捜部の取り調べの全面的な録音・録画(可視化)実現についても言及している。

 柳田法相は「どういう発言をされているかは承知している。その思いでやってもらいたい。会議の意見がまとまれば、千葉氏が発言しているような方向になるのだろう。相当厳しくしっかりやらないと、信頼を勝ち取れない」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101022-00000655-san-soci

第三者機関って言葉も意味が変わったらしいな。



今日の救い。

口蹄疫免税法が成立 被害農家を支援
宮崎県で発生した口蹄疫問題で、家畜を殺処分した農家を支援するため、国が支給した手当金などを免税扱いとする議員立法の臨時特例法が22日午前の参院本会議で全会一致で可決、成立した。29日に公布され、即日施行される見通し。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101022-00000548-san-pol


口蹄疫改めて「シロ」 宮崎県が確認、東部も畜産再開へ
宮崎県は22日、家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)の終息後、ウイルスが残っていないかを確認するために176農場に導入していた観察牛321頭の検査が、すべて終了し、全頭で異常がなかった、と発表した。これで、被害が集中した同県東部の5町でも畜産が再開される見通しとなった。

 県畜産課によると、観察牛は、最も大きな被害の出た同県川南町など、県東部の5町と西都、都城、日向の3市の口蹄疫が発生した民間農場や県有施設などに導入。約2週間飼育してから採血し、感染の形跡の有無を調べる抗体検査を行った結果、21日までに全頭が陰性と判明した。

 22日は、観察期間を最大5週間に延ばしていた川南町の36農場の62頭について、目視検査を実施。異常がないことが確認された。これを受け、県東部の5町では11月1日から順次、畜産用の牛や豚の飼育が再開される。口蹄疫は同県内の11市町で発生。約29万頭の牛や豚などが殺処分された。
http://www.asahi.com/national/update/1022/SEB201010220014.html

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。