スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかつきぃいいいいいいいい

がんばれあかつき!がんばれJAXA!

JAXA 9:15発表
金星探査機「あかつき」の軌道制御エンジン(OME)噴射開始及び
金星による掩蔽に伴う通信中断について
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)は、金星探査機「あかつき」
の金星周回軌道投入マヌーバ(VOI-1)における軌道制御エンジン(OME)の噴射が
12月7日8時49分(日本標準時)に開始したことを、探査機からのドップラーデ
ータにより確認するとともに、同8時50分に探査機の金星による掩蔽のため通信が
中断したことを確認しました。
探査機との通信再開は、9時15分頃を予定しています。
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/img/topics_20101207-1_j.pdf

そして9時15分に通信再開せず1時間13分後

金星探査機「あかつき」の状況について
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)は、金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入マヌーバ(VOI-1)を12月7日9時00分(日本標準時、以下同)に実施し、探査機との通信を試みてきたところ、10時28分に探査機からの電波を受信しました。
現在、探査機の状況を確認中です。
探査機の状況については、確認でき次第あらためてお知らせします。
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/img/topics_20101207-2_j.pdf

そして23時の公式発表。

宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)は、平成22年12月7日10時
28分(日本標準時)に金星探査機「あかつき」の電波を受信しましたが、その後の受
信状況の分析により、探査機がセーフホールドモードに入っていることが確認されまし
た。
現在は、探査機の状態及び軌道情報を早期に取得・確認するための運用を引き続き行
っています。
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/img/topics_20101207-3_j.pdf

結局どーなってるかと言うと
通信再開まで1時間のロストがあって
ローゲインでしか通信できなくて
いまの状況が解析できてないので軌道に載ったかどうか
まだわからんってこと。

で、そう言ってるのに記者たちが何度も何度も何度も同じ事聴いてさ。
PM達はいそがしいってのにさ。
しかも逆切れする記者もいる始末でさ。
16時、19時、22時の会見見たけど酷いもんだったよ。
腹立つやら悔しいやらで涙でそうだったよ。

挙句の果てには、朝日なんて「予測との誤差が出ている」って話が
こうなっちゃいましたよ。

「あかつき、予定の軌道に入っていない」宇宙機構発表
金星をまわる軌道に入るためエンジンを逆噴射した後に通信トラブルが起きた金星探査機「あかつき」について、宇宙航空研究開発機構は7日夜、「当初予定された軌道には入っていない。回復が可能なずれか否かは確認中だ」と発表した。あかつきは、緊急時に機体を安定させる「セーフホールドモード」に入っており、位置などの情報を得るのに時間がかかる状態だ。
(略)(小宮山亮磨)
http://www.asahi.com/science/update/1207/TKY201012070461.html

実際の会見の模様はニコ動のタイムシフトで観れるよ。
この記事書いた記者の質問も聴けるよ。
16時の会見 http://live.nicovideo.jp/watch/lv34155349
19時の会見 http://live.nicovideo.jp/watch/lv34165497
22時の会見 http://live.nicovideo.jp/watch/lv34183326

毎日新聞はまだまともな記事だ。

<あかつき>「退避姿勢」で航行 8日午前中にも状態把握
金星に最接近した後、通信が一時途絶するなどトラブルに見舞われた探査機「あかつき」について宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、機体が非常事態の際にとる「退避姿勢」に入っていることを明らかにした。金星を周回する軌道に入ったかどうかは不明だが、JAXAは復旧に全力を挙げており、同日夜会見したプロジェクトマネジャーの中村正人教授は、あかつきの状態や飛行経路などを8日午前中にも把握できるとの見通しを示した。

 あかつきは7日午前、軌道投入のためのエンジン逆噴射を実施した。逆噴射開始は確認したものの、予定時間を大幅に超えた約1時間半の通信途絶が発生した。

 あかつきは太陽電池パネルを太陽に向けて電力の確保を最優先し、必要最小限の機能だけを保持する「退避姿勢」を取っている。姿勢を安定させるため、約10分間に1回の速さでゆっくりと回転している。

 通信は、非常時用のアンテナを使用。通信速度が遅いため、現在のあかつきの位置や速度を割り出すデータを取得するのに時間がかかる。

 しかし、あかつきのアンテナ自体は機能していることから、JAXAは回転を止めず、米国の受信局で送られてくるデータを取得する作業を進めている。データから位置を確認し、必要に応じて軌道を修正する。軌道修正のタイミングには制約があり、8日昼をめどに終えることを目指しているという。

 会見で中村教授は「データを見なければ分からないが、機体で壊れたところはないと思う」と話した。

 探査機「はやぶさ」も、05年に小惑星イトカワへ着陸した際のトラブルで、機体を退避姿勢に切り替え、後に復旧した例がある。【山田大輔】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101207-00000138-mai-soci




で、子ども手当はなんのためだったっけ?
その分の予算を給食費や保育施設の充実等に当てた方が
よっぽど子供のためになるだろうに。
周知徹底したってまともな使われ方なんてしないよ。
「子ども手当」って名前なのにそれでもこれだもん。

子ども手当…「借金返済」「大人の小遣い」に 子供以外に26%が利用
6月に支給が始まった子ども手当の使い道について親の26%が子供に限定しない使途に充てていることが7日、厚生労働省の調査で分かった。厚労省は「制度の趣旨の周知徹底をしていきたい」と話している。

 調査は9月、手当を受けた1万183人に実施。使途(予定を含む、複数回答)は「子供のための貯蓄」41・6%▽「子供の衣類」16・4%▽「学校外教育費」16・3%-の順で多かった。一方で「日常生活費」13・8%や「家族の遊興費」6・4%、「ローン・借金の返済」1・8%、「大人の小遣いや遊興費」0・4%など、2690人が子供に限定しない使途を挙げた。

 子ども手当の使途について明確な規定はないが、子ども手当法では「子供の健やかな育ちを支援するため」と趣旨を説明。制度開始前から、「趣旨と異なる使途に使われかねない」などと、現物給付を求める声も挙がっていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101207-00000600-san-soci

パチンコ代にどれだけ使われたまで調べりゃいいのに。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。