スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トカゲかもしれん

急にクラっときたので発熱か!と思い体温測ったら
35.7度しかなかった水牛です。こんばんは。
水牛の正体は変温動物なのかもしれん。寒いと眠くなるし。

今日のお笑いニュースだよ。

日米関係の深刻さにやっと気づいた?首相、外交ブレーン交代を模索
東アジア重視の姿勢を強調する一方、「今まで米国に依存しすぎていた」としていた鳩山由紀夫首相が、米国に気を使い始めている。米軍普天間飛行場の移設先送りなど「鳩山政権の一連の対米挑発行為」(政府高官)が招いた米側の怒りに気づき、ようやく対米関係の重要性を認識し始めたようだ。最近では、自身の外交ブレーンについても米国に批判的な寺島実郎・日本総合研究所会長から知米派の外交評論家、岡本行夫氏への乗り換えを模索している。(後略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091222/plc0912222135023-n1.htm


今まで気づいてなかったってのが凄いや。
俺たちにできないことを平然とやってのける!
そこに痺れる憧れる…わけないだろ!
何でこんなのが日本の首相なんだよ…悲しすぎる。


んで子ども手当は地方頼み?

子ども手当で地方負担5680億円 政府が方針決定 反発は必至
政府は22日、来年度から支給する子ども手当について、来年度の支給総額約2・3兆円のうち、5680億円の負担を地方に求める方針を決めた。地方にとっては現行の児童手当と同額の負担となるが、鳩山由紀夫首相ら政府首脳はこれまで、全額国費負担を宣言していただけに、地方六団体側の反発は必至だ。

 鳩山首相は21日、子ども手当の支給に所得制限を設けない方針を表明。ただ、平成22年度予算編成で、財政難のなか新規国債発行額を「約44兆円以内に抑える」とした方針を達成するためには、子ども手当の国費負担をできるだけ抑制する必要があると判断した。

 鳩山首相はこれまで、子ども手当の負担について「無駄遣いを徹底的になくせば、全額国が負担するのは当たり前だ」(10月20日の参院補選の応援演説)と主張していた。

 一方、長妻昭厚生労働相は、現行の児童手当の地方負担分を子ども手当の財源に充てるよう要請。菅直人副総理・国家戦略担当相や藤井裕久財務相も同調していた。民主党の小沢一郎幹事長らが政府に提出した党の重点要望で「地方には新たな負担増を求めない」としたのは、「新たな」という一語を入れることで、現行の範囲内での地方負担を容認したことを意味する。http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091222/fnc0912222017022-n1.htm


「新たな負担」じゃないからOKとか、それなんて詐欺?
つかさ、いい加減子ども手当あきらめりゃいいじゃん。
年5兆円の恒久財源なんて無理なんだからさ。
だいたい選挙前に「自民は無駄ばかり。民主が政権とったら20兆浮かせられる」
とか言ってて実際はそんな無駄なかったんだから、その時にやめときゃよかったんだよ。


「国旗の重みシリーズ」の作者さんの新作
自衛隊MAD クリスマスVer

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。