スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごね得

昨日の記事だが取り上げずにはいられない。

“ごね得”許した「派遣村の品格」 費用は6千万円大幅超の見込み
 「不平を言えば融通が利く。みんな“ごね得”だと気付いている」。4日閉所した東京都の「公設派遣村」を出た男性(34)は“村”での生活をこう皮肉った。派遣村では開所以来、行政側と入所者の衝突が絶え間なく続いた。職員の口のきき方への不満に始まり、昼食代の現金支給を求める入所者…。当初、目的だったはずの就職相談は不調に終わり、職員は最後まで入所者への対応に右往左往した。

就労相談わずか1割
 都は3日夜、この日退所した833人のうち住居を見つけられなかった685人のため、4日以降の新たな宿泊先に400人分のカプセルホテルを用意。残りの入所者には、都の臨時宿泊施設を割り振ることを決めた。

 だが、いざこざはここでも起きた。入所者の1人は冷笑を浮かべて言う。

 「その夜も『なぜ全員がホテルに入れないのか』と騒いだら泊まれることになった」

 入所者の抗議と厚労省などの後押しで、都は決定を覆す。抗議の数時間後にはカプセルホテルを追加で借り上げた。「騒ぎが大きくなったので…」と職員は言葉少なに語るのみだ。

 この1週間で本来の目的の就労・住宅相談に訪れた入所者はわずか1割。「正月休みに相談しても仕方ない。派遣村では一時金がもらえるとのうわさもあった。それ目当てで入った人も多い」との声も漏れた。

想定超す利用者
 一方で、自力で社会復帰への第一歩を踏み出した入所者も。退所を選んだ男性(67)は「入所中に友人の会社に就職が決まり、社宅に住めることになった。年末年始に泊めてもらって感謝している。食事もおいしかった」と語った。

 だが、この男性のように新たな職や住居が決まったのは少数だ。利用者数は当初の想定を超え、約6000万円と考えられていた費用も大幅に膨らむ見込み。費用はすべて国の負担で、都の幹部は「結局、政治のため」とぼやいた。

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100104/biz1001042246045-n1.htm



どうしてこう、まじめに働いて納税してる国民を脱力させるような事ばかりするかな。
去年は反自民のパフォーマンスだったし。
そういや今年鳩山が視察に行ったとき罵声が飛んだらしいがTVはちゃんと報道したのかね。

それは置いといて、「ごね得」って、これ日本人の感性じゃないでしょ。
生粋の日本人が「ごね得」をやるとは思えんのよね。
しかしなんで行政は「ごね得」に弱いんだ。

ある地方行政機関で目の前で「ごね得」が通る現場を目撃して行政側の人間に
「なんであんなの通しちゃうの?ますますつけあがるだけじゃないの?」と聞いたら
「あれ以上騒がれても困るし、ああいうタイプは行政の上層部にクレームつけるから
 後々が大変なんですよ」と答えてた。
「クレームぐらいでビビんなよ」と思ったが行政側の人も疲れ切った顔してたので黙ってたが。

とにかく、派遣村は害でしかないと思う。
去年だってホントに派遣切りされて住むとこ追われた人以外に
ホームレスやらサクラやらが大勢いたわけだし。
今回だって就職相談はたった1割だよ。
6000万円以上を833人のために数日間で使ってるんだよ。
その分、まともな予算に回せよ。
さなくば鳩山のお小遣いから出せよ。4カ月分で済むんだからさ。


snowmanさんの嘘字幕シリーズが完結したよ。
便乗して作ってみた EP3 「突入」

ノンフィクションならいいのに。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。