スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前が言うな

今日のお前が言うな大賞はこれしかないでしょう。

小沢氏めぐる疑惑「国会審議に影響ない」 民主・山岡氏
民主党の山岡賢次国対委員長は7日午前、小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が購入した土地をめぐる疑惑で、小沢氏が東京地検特捜部から任意の事情聴取を要請されたことについて「特段コメントすることはない。国会の審議に影響するとは思っていない」との見方を示した。国会内で記者団に語った。

 一方、通常国会で野党側が攻勢を強める構えをみせていることに対し政党間の駆け引きや政治家同士の損得という国会にしないでほしい。政治全体のレベル低下、国民の不信を招くことになる。国会をワイドショー化したくない」と牽制(けんせい)した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100107/stt1001071315005-n1.htm


去年の国会を思い出せ。
国会で漢字テストだの、カップラーメンの値段クイズだの
意味の無いフィリップボードだので国会をワイドショーそのものにしたのは
あんたら民主でしょうに。たった1年でもうお忘れ?
さすがは党首に鳩を仰ぐ政党。
鳥頭も甚だしい。


昨日に引き続き派遣村の話題。

東京都の派遣村200人、無断外泊 交通費2万円受給後
住まいのない求職者を対象に、東京都が昨年末から宿泊場所を無料提供して続けている生活再建支援で、利用者約560人のうち、約200人が6~7日、都が禁じた無断外泊をした。6日に都は宿泊施設の外へ仕事探しに行く交通費などとして、ほぼ全員に2万円を支給していた。

 都は昨冬の「年越し派遣村」の再現を避けたい国の要請で、4日まで生活総合相談を実施。しかし、約800人の利用者の多くが期間中に生活再建のめどが立たなかったため、都は継続支援を決めた。5日以降も生活再建の支援を希望した562人が同日、都の貧困者対策施設(大田区)へ入所。施設の提供期間は2週間程度を予定している。都は「利用中は生活再建に専念してもらう必要がある」として無断外泊を禁じた。

 利用者は6日から就労や生活保護申請に向けた相談を再開。施設外に仕事や住まいを探しに行くことを希望した542人には、国の財源で2週間分の交通費や食事代として2万円ずつ支給。希望人数が多かったため、事務作業を軽減しようと一括支給の形にした。領収書の提出など使途の報告を求め、目的外使用があれば返金させるという。

 受給者の多くが6日に外出したが、都が7日朝に確認した利用者数は342人。外泊の連絡は一部しかなかったという。担当者は「社会復帰のためにはルールを守る必要がある。残念な状況だ」。一方、昨冬の派遣村の実行委員らでつくる「年越し派遣村が必要ないワンストップ・サービスをつくる会」は「現金を持ち慣れていない人が多いだけに、一括ではなく2~3日分ずつ渡すなどの配慮が必要だった」と指摘する。
http://www.asahi.com/national/update/0107/TKY201001070240.html


現金を持ち慣れてない人が多いだと?
派遣村ってそもそも派遣切りで社宅追われて住むところに事欠く人たちが
集まってきたわけでしょ?
派遣従業員だったわけでしょ?
普通の社会人だったわけでしょ?
お給料をもらってたわけでしょ?
現金を持ち慣れてない?
この人たちの言う派遣って日雇いのことなの?
去年の派遣村もTV・新聞で知った人たちは「日雇」という
認識ではないと思うぞ。
その前後にキヤノンやらトヨタやらの派遣従業員の契約解除とかを
散々報道してたんだからさあ。
で、なんでこの人たちに2万円持ち逃げ去れなきゃいかんのさ我々の税金を。


国旗の重みシリーズ、板東俘虜収容所編、後1話で完結







コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。