スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑えない

海外の分析は冷静だね。

「鳩山政権」世界10大リスクの5位 米コンサル会社
【ニューヨーク=山中季広】国際政治上の危険要因を分析している米コンサルティング会社ユーラシア・グループは、今年の世界10大リスクの5位に「鳩山政権」を挙げた。「気候変動」(6位)や「インドとパキスタンの緊張」(8位)などより危険な要因だとした。

 鳩山政権の「官界と産業界の影響力を小さくしようとする政策」が、世界的に見ると高い危険要因になっていると指摘。「参院選で勝つと、今よりマニフェストに忠実な政策を実行しようとして混乱するだろう」と予測した。

 「党の実権は小沢一郎氏が握っている。鳩山首相は選挙指揮が巧みなわけでも、政策決定に強いわけでもない。現政権は年末までもたない可能性が相当あり、ひょっとすると参院選までもたないかもしれない」とも分析した。

 リスクの1位は「米中関係の悪化」、2位が「イランの暴走」だった。
http://www.asahi.com/politics/update/0110/TKY201001100168.html


アメリカから見たら今の日本政府はテロ組織と変わらないだろうなあ。
なんたって社会主義まっしぐらな誠意笑んだもんなあ。
しかし「インドとパキスタンの緊張」より3ランクも上ってのが凄いよなあ。
参院選までもたないかもしれないって分析だけど
もってもらっちゃ困るよ。
これ、アサヒの紙面でもちゃんと載るのかな。
ちっちゃい囲み記事じゃなくでかでかと載せて欲しいが
まあ、アサヒだから無理か。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。