スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語でOK

アカヒもネトウヨw

小沢氏の監督責任「よく分かりません」4日の鳩山首相
(略)
――自分の元秘書と秘書が起訴されたことについて、小沢幹事長の監督責任はどう考えるか。

 「それはどういう状況であるか、まだ判然としませんから、私からそれはご自身が考えていかれる問題だと思いますが、私の口からはよく分かりません」

 ――これまで民主党の国会議員が逮捕されたときなど、即座に除名処分を下されたこともあるが、これまでと今回は一体何が違うのか。

 「うん、私は基本的にこのいまの、今回のですね、一連の事件というものを、おー、どこに真実があるかという部分も含めてでありますけども、やはり冷静に見守っていく中で、最終的にはやはりご自身が判断をされるべきものだと、出処進退はと、基本的に今までも当然のことながら、出処進退のことに関してはかつてもありましたけれども、ご自身で判断をされるべきもので、ご自身で判断をされないときに、どのような処分を党としてやるか、ということはあったと思いますけども、まずはご自身が考えるべきことだと、そのように今までも判断していたと思います」

 ――総理、すいません。

 (秘書官「あと、1問」)

 ――総理自身は国会など総理自身の献金問題については検察の処分をもって終わったという認識を示していたが、今回の小沢幹事長の場合も検察の処分で終結か。

 「そこは分かりません。私の場合にはそのように理解をしているということでありますが、あー、まだ必ずしもそこは分かりません」
http://www.asahi.com/politics/update/0204/TKY201002040401_01.html


ユキヲくん、君が何を言ってるかわからないよ。
ねえ、日本語で話してよ!ユキヲくん!

と、ふざけて突っ込むのが精いっぱいだな。
こんなのが首相だなんて、ほんっとに世も末だ。

鳩山は演説の原稿や演出の前に正しい日本語を習うべきだと思うよ。


外国人参選権についてとてもいいまとめがあった。
http://hibikan.at.webry.info/201001/article_178.html
さらにそれをFTKST Magazinさんが引用したもの。

毎年大量の在日韓国人が帰化している事実があるのに、これら善良な元・在日韓国人らと同じ作業をできないという在日が多数いる。私は朝鮮問題にも国籍問題にも素人ですが、ピンときました。ある程度の年齢の日本人なら、同じ事を考えたはずです。

「日本の帰化手続きが、世界と比較して間違っているのではない」
「そもそも必要書類を揃えることができない人たちだ」
「必要書類を揃えることはできるが、書類(=経歴)に傷がある人たちだ」

帰化は国籍法第5条で規定されています。素人なりに法律を読んで、嘘を付いている一部の在日韓国人がどのような種類の人たちなのか特定してみましょう。


国籍法第5条の3「素行が善良であること。」

あれ?暴力団員または犯罪歴のある在日韓国人、朝鮮人は帰化できないみたいですよ。

あれ?税金の滞納歴のある在日韓国人、朝鮮人は帰化できないみたいですよ。

国籍法第5条の4「自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によつて生計を営むことができること。」

あれ?生活保護を受けている在日韓国人、朝鮮人は帰化できないみたいですよ。

国籍法第5条の6「日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと。」

あれ?破防法の適用を受け公安調査庁の調査対象となっている人たち、例えば日本赤軍や革マル派、オウムなどに属していた在日韓国人、朝鮮人は帰化できないみたいですよ。
(参考)破壊活動防止法

(1950年代~70年代に盛んだった左翼系の運動には、いろんなグループがあり、社会の下層出身者を主体にしていたから、該当する人口は結構多いと想像できる。)

次に、必要書類をチェックしてみましょう。(リンク先のページ中程)

「5  国籍を証する書面」
「7  外国人登録原票記載事項証明書」

あれ?韓国または北朝鮮本国が発行する公文書の記載と本籍、本名が異なる在日韓国人、朝鮮人は帰化できないみたいですよ。

(ちまたで噂されているところの、終戦後の日本政府の混乱に乗じて、嘘の書類を使うことにより、本来なら得ることのできない「特別永住許可」を得た在日が、ここであぶり出される。)

あれ?韓国または北朝鮮本国の役所に出向くと逮捕される人(例えば犯罪逃亡者)は書類を入手できなさそうですよ。


【結論】「外国人に地方参政権を付与する法案」の本当の目的は、

暴力団員であるか、過去に犯罪歴がある在日
税金を滞納している在日
生活保護を受けている在日
日本赤軍、革マル派、オウムなど過激派の活動歴がある在日(おー恐)
虚偽の申請をして特別永住許可を得た在日(=許可剥奪の対象)
出身国で犯罪を犯したあと刑に服さず、日本へ逃亡してきた人

に対し、まとめてエイヤーっ!で地方参政権を与えてしまうことだと判明しました。
地方参政権:「日本は帰化が困難」と嘘をつく在日は誰なのか特定する(重要) 日々の感想/ウェブリブログ より引用)

http://ftkst.com/p7613


つまり、そういうことなんだろうねえ。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。