スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらずジミンガーですか

今日の党首討論、衆議院TVでライヴで来てたわけですよ。
ニコ動にも早速上がってます。
20010年2月17日 党首討論 鳩山由紀夫 VS 谷垣禎一


産経が文字起こししたものを出してます。

【党首討論詳報】(1) 谷垣氏「首相は平成の脱税王」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100217/plc1002171635017-n1.htm


TVじゃどんなふうに編集してたんでしょうねえ。

党首討論の中で鳩山が「ジミンガー」発言してたけどさ
自民の経済政策を審議拒否で散々足引っ張ったの、どこだっけ?
それにしてもいつまでジミンガー言い続ける気だ。


んでまたもや要らんことは検討するらしい。

唐突な内部留保課税案=「競争力そぐ」と産業界反発
 鳩山由紀夫首相が17日、企業の内部留保課税を検討する姿勢を示した。日本経済が回復軌道に乗る一方、雇用情勢や中小企業の経営環境が引き続き厳しいことが背景にあるとみられるが、唐突な表明に現実味は乏しく、産業界からは「競争力をそぐ」と早くも反発の声が上がった。
 内部留保とは、企業の利益から法人税や配当金などを除いたもの。現行の税制では経営者の親族らが過半数の株式を保有する一定規模以上の特定同族会社に対し、留保金課税制度が適用されている。
 しかし、これには「二重課税」との批判が根強いほか、内部留保は設備投資の原資ともなるだけに「前向きな成長戦略を阻害する」(大手電機メーカー)、「本社を海外に移す動きが出かねない」(経済団体)と産業界の反発は強い。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100217-00000194-jij-pol 


んで、これは共産党からの提案だそうで。

内部留保課税 首相「共産が持ってきたから検討」
鳩山由紀夫首相は17日夕、共産党の志位和夫委員長と大企業の内部留保への課税、所得税の最高税率の引き上げなどを協議したことについて、「具体的なスケジュール感があるわけではないが、せっかく共産党が持ってきた案だから検討してみようと申し上げた。松野(頼久)官房副長官が引き取って検討してみることになっている」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。(略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100217-00000608-san-pol


これさあ、資本主義を壊す気ですか?
日本から企業なく好きですか?
さらに失業者増やす気?

株取引にも50%の課税をとか言っちゃってるし。
意味わかんないよ、この政府。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。