スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事の見出しに嘘書いちゃいかんだろ

衆議院TV・参議院TVを取り上げるのは良いが
見出しに嘘書いちゃいかんだろ、産経さん。
「政権交代で関心が高まった」のじゃなくてマスメディアが放送するのは
ニュースではなくMADだからネットでちゃんと観ないと
ほんとの事が解らないからでしょうに。
マスメディアがちゃんと報道してたら済む話でしょ。

ネットの国会審議視聴が昨年過去最高 政権交代で関心高まる
 国会審議のすべてをインターネットで中継する「衆議院TV」と「参議院インターネット審議中継」のアクセス数が、平成21年はともに過去最高となったことが分かった。ミニブログ「ツイッター」の利用など政治家側からの情報発信が増える一方で、国民の側からも「国会審議を見たい」という欲求が高まっているようだ。

 ネット中継は、参院が10年、衆院が11年にそれぞれ開始。テレビ中継が予算委員会や党首討論などに限られるのとは異なり、すべての委員会を網羅しているのが特徴だ。生中継のほかに、過去の審議の録画も視聴できる。

 衆院によると、21年のアクセス数は、生中継と録画を合わせて378万7千件で、前年の241万6千件から1・5倍に跳ね上がった。

 18年には352万件を記録していたが、同年の衆院での総審議時間は約2500時間。これに対し、21年は衆参「ねじれ国会」や衆院選などの影響で審議時間は約1580時間にとどまっており、委員会の開催数も減少していた。それにもかかわらずアクセス数が過去最高になったことで、国民の関心の高まりが明らかになった格好だ。
(略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100410-00000583-san-soci



そりゃいいかげんアメリカだって怒るでしょ。
自民の幹事長だった頃はアメリカのいいなりで
ほいほいお金も出してた人物が民主の幹事長になって
政権取ったら中韓には媚売るのにアメリカには偉そうにするっちゅう
手のひら返しの態度取ってるんだからさあ。

小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
【ワシントン=佐々木類】民主党の小沢一郎幹事長の訪米が中止になったが、米政府は3月末、小沢氏が訪米してもオバマ大統領をはじめ、ホワイトハウスの政府高官は面会しない意向を伝えていた。訪米中止の背景には、こうした米国側の冷ややかな対応があったとみられる。

 発端は、ホワイトハウス高官の「激怒」だった。

 そもそも小沢氏の訪米は、キャンベル国務次官補が2月初めに来日した際にもちかけられたもので、小沢氏サイドが民主党本部を通じて米大使館と直接、日程調整を進めていたという。外務省は小沢氏の訪米について「一切ノータッチだ。何も知らされていない」(幹部)としている。

 小沢氏はキャンベル氏に訪米を打診された際、「せっかく行くなら、オバマ大統領にも十分な時間をとってもらわないと困る」と述べ、大統領との面会が訪米の条件になるとの考えを示していた。

 しかし、小沢氏が政治と金の問題で、東京地検特捜部の捜査対象となっていたことから、「小沢氏の発言を聞いたホワイトハウス高官が激怒した」(日米関係筋)上、こうした報道が出たこと自体に強い不快感を示したのだという。

 このため、米議会が招待する形で訪米の日程調整を進めることになったが、小沢氏サイドがあくまでも米政府の招待にこだわったため、米政府側は最終的に、オバマ大統領やホワイトハウス高官が面会する意向がないことを伝えた。

 国務省サイドは当初、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、鳩山政権が迷走する中、政権に強い影響力のある小沢氏の手腕に期待感をもっていたのは事実。しかし、「政治と金の問題を抱える小沢氏をホワイトハウスに迎えれば、オバマ大統領に傷が付く」(米政府関係者)として、米政府が招待する形での訪米は認めなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100410-00000586-san-pol



なんか面白いのがあったよ。

■合法的に-“子供手当て法”にみる不正受給防止に実効性ある戦術の一例
(一部抜粋)
【日本を】ソファに座って携帯をいじるだけの簡単なお仕事です【守る】

場所: 市役所や区役所などの「子供手当て申請窓口」
時間: フレックス制
内容: 申請窓口を見守り、外国人登録証明書が提示できない人がいたら写メ撮って警察に通報するお仕事です。
報酬: 通報した対象者が不法滞在者だった場合、第60条に定める報奨金(一件につき千円~五万円)が出ます。
一言: 国外に日本人の血税が流出するのを未然に防ぐ尊いお仕事です。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1151.html


続編が来たよ。
国旗の重み ~西岡京治物語・シェムガン開発編~

プレッシャーらしいので提供つけるのを数時間ほどためらってみた。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。