スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故種牛の殺処分に関してだけは迅速なのか

どうみても種牛の殺処分目的でしょ、この法案。
被害農家への全額支給と言う部分で自民も同意したんだろうけどさ
なんでこんなの通しちゃうんだよ。
政府がまともならいいけど、今の政府なら「日本」の為じゃない理由で
殺処分するのミエミエじゃないか。
とりあえず赤松編不信任案は提出すべき。

未感染でも強制殺処分可能、口蹄疫特措法成立へ
宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の被害拡大を防ぐための特別措置法案について与野党が合意し、26日の衆院農林水産委員会で可決された。

 27、28日の衆参両院の本会議で可決、成立する見通しだ。

 法案は、これまで強制できなかった感染していない家畜の殺処分を可能にしたほか、被害を受けた農家への全額補償などが柱となっている。このほか、殺処分した家畜の埋却用地を国や県が確保するように定めたほか、自動車などの消毒も強制できるようにした。2年間の時限立法で、4月以降に発生した被害について適用される。必要な予算額は1000億円としている。

 現在の家畜伝染病予防法は、口蹄疫に感染した疑いのある家畜を殺処分することを農家に義務付けている。しかし、感染していない家畜については、予防的にワクチンを接種した後、殺処分を強制することはできない。国は現在、発生地から10キロ以内については、感染していないすべての牛豚に殺処分を前提としたワクチン投与を実施しているが、殺処分に反対してワクチンの接種を拒む農家もあり、一部で処分が進んでいなかった。

 また、宮崎県の東国原英夫知事が49頭の種牛の処分に慎重な姿勢を見せていることから、ワクチン接種や殺処分については、県が行わなくても「重大な影響を及ぼす恐れがある時」には、農相が直接、命じることができるようにした。

 特別措置法案については、25日に自民党と公明党が独自の法案を国会に提出し、鳩山首相も26日の参院本会議で「強制の殺処分については立法措置が必要」との認識を示していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100526-00001030-yom-soci


昨日の中井の発言を首相が擁護したそうで。
蔓延防止への強い思いだ?はあ?
県の報告から1ヶ月近く放置してたくせに。

首相、中井氏の「宮崎県民は頑固」を擁護
鳩山由紀夫首相は26日の参院本会議で、中井洽国家公安委員長が宮崎県内で感染が拡大した口蹄(こうてい)疫問題に関連し、宮崎県民を「頑固」と発言したことについて「誤解を招く表現があったかもしれないが、このような緊迫した状況の中で口蹄疫の蔓延(まんえん)防止への大臣の強い思いから発したものだ」と擁護した。自民党の松下新平参院議員の質問に答えた。

 中井氏は25日の記者会見で、「宮崎の人というのは口蹄疫の対策でも頑固なところがあるから、赤松(広隆農水相)さんも苦労している」と発言した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100526-00000606-san-pol



ぜひ、ぜひ、見てください。
江藤拓「涙も枯れた。声を出して泣いた」涙のインタビュー。



【宮崎】( ゚∀゚)o彡゜と( ^ω^)で宮崎県応援動画作りました【口蹄疫】

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。