スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺処分対象27万頭

昨日(11日)はムッチー牧場さんのblogを
昼休みに読んでしまい職場で号泣しておりました。

2010/6/11「からっぽの牛舎」  
http://green.ap.teacup.com/mutuo/225.html


夜、ツイッターでこの記事を観て物凄く腹立ちました。
「やりきった」だと?
宮崎の畜産を駄目にする事をやりきったのか?
残念、とかで済む問題じゃないだろう。
だいたい記事の中にある南米とのEPA・FTAって口蹄疫発生後のGW中のことで
「事務協議を続ける事を確認」しただけで重要性も緊急性も皆無だったと
予算委員会ではっきり言われていた奴じゃないか。
なに仕事した見たいな記事になってるんだ。

赤松前農水相「8ヵ月間やりきった」 口蹄疫の広がりは残念
赤松広隆前農水相は辞表を提出した4日、農水省で退任会見を行った。8ヵ月間を振り返り、「力の足りないところはあったが、ある程度やりきったという気持ち」と述べ、口蹄疫の拡大は「大変残念」とした。

 8ヵ月の間には、WTO関連の交渉、南米における経済連携協定・自由貿易協定(EPA・FTA)の交渉、ダムの見直し、シーシェパード問題、クロマグロの捕獲禁止、諫早問題、野菜価格の高騰などの課題に対応し、戸別所得補償制度、6次産業化法など民主党の公約を進めてきた。
http://news.nissyoku.co.jp/Contents.aspx?pid=urn%3Anewsml%3Anissyoku.co.jp%3A20100611%3AITO20100609074824773%3A1

物凄い罵詈雑言を書きそうになったので昨夜はblogさぼりました。


今からでも出さないよりは出した方がいいが
すでに4月20日から2カ月近く経過してあまりにも遅すぎるだろう。
「しっかり対応したい」ってほんとなんだろうな?

家畜埋却で自衛隊増員へ=菅首相、地元首長と懇談
宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で同県を視察した菅直人首相が東国原英夫知事や被害を受けた5市5町の首長と行った12日の懇談で、家畜埋却や消毒などの作業に従事している自衛隊員を増員する方向で検討することが決まった。また、知事らは、国による農家への全額補償などについても要望。菅首相は「しっかり対応したい」と強調した。
 自衛隊員は現在約270人で地元関係者と協力して作業に従事しているが、感染拡大で作業の人員が不足している。必要な増員数を地元側がまとめ、正式に要望を提出することとなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100612-00000110-jij-pol



今日のムッチー牧場さんのblog

2010/6/12「皆さん、お願いします・・・・涙」

2010/6/12「私ながらの今後の対策」

2010/6/12「政府、政治家の皆さんへお願い」

http://green.ap.teacup.com/applet/mutuo/20100612/archive

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更に悪い事に、山田が正になった事。
元を断たなければ、幾らやっても焼け石に水!

ムッチーさんのブログを、今回は取り上げましたが、涙なしで
読む事は出来ません。何時読んでも泣けて仕方がありません。鳥も媒介するようですね。

1日も早い解決をと願って止みません。

Re: No title

>ジェイドさん

返信遅くなり大変失礼いたしました。
明日のblogに貼る予定ですがこの国会のの質疑に
怒り心頭です。
http://www.nicovideo.jp/embed/sm11066138
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。