スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度はノウカガーですか

昨日は山田農相によるケンガーの発動で
今日は農水省によるノウカガーですか、そうですか。

よだれ、水泡といった口蹄疫の主症状が現れてなかったら
口蹄疫VIRUSの抗体検査をやっていなくても責任は問えないでしょうに。
それを感染拡大の原因って言えるわけ?

だいたいいつ提出された検体の抗体価が高かったのさ?
4月20日の時点で現政府が速攻で手を打って抗体検査を呼びかけてたら
済んだ話なんじゃないの?

それ以前に韓国からの牛の輸入再開を去年の9月に初めて無かったら。
今年の頭に韓国で口蹄疫が発生した時に現政府がマスコミ使って
もっと世に知らしめてたらもっと警戒したんじゃないの?

感染確認の遅れなど指摘=口蹄疫の拡大で―農水省専門家
宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、農林水産省は25日、前日に開いた専門家による疫学調査チーム会合の議事概要を公表した。被害拡大の原因として、感染から一定期間を経ていた家畜の存在が抗体検査で判明するなど、感染の確認が遅れた点を指摘。また、埋める場所の確保が難航して家畜の処分が遅れたことや、豚への感染でウイルスの量が大幅に増えたことも一因に挙げた。
 感染経路では、都農町や川南町の被害拡大に、従業員の移動や飼料運搬車が関与した可能性を指摘。えびの市のケースでは、川南の関連農場から出発した家畜運搬車がかかわった可能性のほか、共同利用のたい肥化施設との関連性が否定できないとした。ワクチン接種地域外への飛び火では、家畜運搬車両が共通していた例を確認したとしている。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000185-jij-pol






昨日取り上げた「立ち上がれ日本」VS「民主」の動画があがってる。
今は良いよね、記者に脚色された記事ではなく
TV局に編集にされたMADでもなく一次ソースがネットで手に入るんだからねえ。



便利な世の中になったものよのう。



三菱電機(地上局アンテナで「はやぶさ」運用を支えた)のサイトに
国立天文台、渡部潤一氏の文章が載ってる。
おかえりなさい、はやぶさ探査機
http://www.mitsubishielectric.co.jp/dspace/column/cw55.html
最後の最後まで実験機として使命を果たしつくしたんだね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本来、口蹄疫が発生した場合対処するのは県です。
4月20日に見つかって、初動を行うべきは宮崎県であり、国ではありません。

それも、口蹄疫自体は3月31日には発生しており、発見自体がかなり遅れていたことになります。
今回の問題は、責任の大部分は宮崎県にあると言えるのです。

Re: No title

>せさん

返信が遅くなり失礼いたしました。
3月31日発生とはどこの話でしょうか?
1例目と言われているのは4月9日に下痢が主症状の牛が1頭でて
経過観察とし16日に同一牧場内で数頭の口蹄疫様の症状を呈した牛が見つかり
抗体検査→20日に口蹄疫と判明。
この時系列では10年前の事例よりも日数は短いです。

20日の時点で県から現政府に対して発生および消毒薬が足りない旨の
報告がされているのに政府からはなんの指示も消毒薬の手配も無し。

国道の封鎖も国交省の許可が無ければ72時間以上はできず
自衛隊の派遣も県の要請では動かせる人数に限りがある。

県は発生当初から県としてできる事はやりつつ
政府に支援と指示を仰いでいたのに
政府が動くべき事を何もやらなかった事が問題ではないですか。

県にも責任が皆無だとは言えないにせよ
責任の、そのほとんどは現政府にあると言えるでしょう。

Re: Re: No title

お名前間違ってました。
ttさんでした。
大変失礼いたしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。