スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まともな仕事しろ

余計な事やりまくられるよりは
ましな気がしないでもないが。

菅首相 15議員と会談 小沢氏陣営処遇で綱引き
民主党代表選から一夜明けた15日、菅直人首相は1日かけて党の代表経験者や幹部、代表選で支援を受けた議員計15人と相次いで会談し、党役員人事や内閣改造への協力要請や意見交換を繰り返した。人事を巡る水面下の調整が続く一方、小沢一郎前幹事長を支援した議員たちからは「これからはゴルフざんまいだ」と距離を置く発言が漏れた。
(略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100915-00000021-maip-pol

えっと。民主って「無駄を省けば財源はすぐできる」とか
なんとか言って去年政権取ったよね?
党内代表選挙で負けた陣営が「これからはゴルフ三昧だー」なんて
言っちゃうような議員及びその所属する党が一番日本国民にとって
無駄だと思うんですけど。
しかも、普天間問題やら円高やら株安やら尖閣諸島や竹島問題や
あれやこれやで国益損ねまくってるっちゅうのに。


でました!ミヤザキケンガー!
基金の問題を先延ばしにしてたのは山田農相が選んだ第三者委員会の報告で
県の責任を取り上げさせて政府の責任を軽くし基金の額を低くしようと
画策してたから、と邪推せざるを得ない。

<口蹄疫>対策検証委が中間報告 国と自治体の連携不足批判
宮崎県で発生した口蹄疫(こうていえき)の防疫措置の在り方などについて、有識者らが検証する農林水産省の口蹄疫対策検証委員会(座長・山根義久日本獣医師会会長)は15日、中間報告をまとめた。問題点として、国と都道府県・市町村の役割分担が不明確で連携不足だったと指摘し、宮崎県が役割を十分に認識せず「対応は不十分なところが多かった」と批判した。委員会はさらに検証を進め、10月にも最終報告をまとめる。

 中間報告書は関係者へのヒアリングなどを基に、問題点と今後の改善案を併記した。

 改善案は防疫方針の策定・改定は国が行い、具体的措置は都道府県が中心に行うことを、役割分担の基本とすべきだとした。また、家畜防疫員による農家への定期的な立ち入り検査▽早期通報のルールと従わずに遅れたペナルティー▽早期の殺処分・埋却が可能な作業マニュアル▽経済的補償を含む予防的殺処分を家畜伝染病予防法に明記▽畜産経営規模の統制--などの検討を提言した。

 一方、問題点では、宮崎県が農家の所在地、頭数などの情報収集をしていなかった▽獣医師・農家から家畜保健衛生所へ、衛生所・県から国への連絡が非常に遅い▽早期の殺処分・埋却ができなかった--ことを感染拡大要因と指摘。「県の試験場、家畜改良事業団などでも発生したことは問題」と批判した。

 国の対応については、農水省の専門家会議の開催頻度やワクチン接種の時期を問題視したほか、空港などでの水際対策の不十分さを指摘した。【佐藤浩】

 中間報告について、東国原英夫知事は15日、「改善すべきところは改善しなければいけない」と述べる一方「他の都道府県と比べて著しく初期の対応や予防措置が劣っていたとは認めていない」と反論した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100915-00000067-mai-soci

これだと政府の対応でまずかったのは
ワクチン接種時期が遅かったのと、空港の対策だけ?
は?
4月20日に県が政府に報告してから5月の2週まで
なにもしなかった政府の責任は?
県だけじゃどうにもならないと知事が与党に陳情しに行ったのに
それを放りっぱなしで「外遊」と言う名の自己満足の海外旅行に
出かけた赤松前農相の責任は?
近県なのに有権者とバーベキューやってた山田副農相(当時)の責任は?
もうね、意味わかんない。

でさ、この1年で「失われた10年」どころじゃないくらい国籍損ねたのにさ
この人何言っちゃってるの?

民主党政権1年、首相「再スタートする気持ち」
菅首相は15日夜、民主党政権発足から16日で1年を迎えることについて、「この1年、国民の期待に応えるために必死で頑張ってきた」と振り返った。

 そのうえで、「いよいよ本格的に課題を実行し、成果を上げていく段階に来ている。代表選を踏まえ、もう一度再スタートする気持ちで頑張りたい」と決意を示した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100915-OYT1T01005.htm

どこの国民の期待に応えようとしてるんだか。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。