スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官房長官改め健忘長官ですか

「暴露」って自分で言ってるよね、仙石健忘長官。

仙谷氏「APEC影響懸念で釈放」と丸山氏暴露
18日の参院決算委員会で自民党の丸山和也氏は、事件で逮捕した船長の釈放には、来月横浜で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)に影響することへの懸念があったとし、釈放直後に仙谷官房長官と電話で話した内容を“暴露”。

 「判決まで拘置して強制送還すべきだった」と訴えると、仙谷氏は「APECが吹き飛んでしまう」と答え、「日本が中国の属国になる」との懸念を伝えると、「属国化は今に始まったことではない」と応じたという。

 仙谷氏は答弁で「健忘症にかかったか、今暴露された会話の記憶は全くない」と否定。18日夕の記者会見では「何らかのことを友人関係で話したとすれば、国会で質問されるのは不本意だ」と不快感を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101018-00001000-yom-pol


実際に映像で観るとおもしろいよ。
丸山議員、やるなあ。
役者が仙石より上だぜ。
そういや一昨年の国籍法改悪法案の時もがんばってたっけね。
平成22年10月18日 参院決算委・丸山和也(自民)



中国にとって都合の悪い部分の編集が終わったのかな?
しかしこの状態で全面公開見送りなんかしたらますます
事態がこんがらがるだけだろ思うけどねえ。

<中国漁船衝突>ビデオ映像を国会提出へ 政府・民主党
政府・民主党は18日、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件のビデオ映像を国会提出する方針を固めた。衆院予算委員会が全会一致で提出要求を議決していた。政府内には日中関係への配慮から早期提出には慎重論もあったが、野党との協力関係を重視した。ただ、全面公開は見送り、予算委の与野党理事が非公開で視聴する方法などを検討している

 菅直人首相は18日夕、首相官邸に岡田克也幹事長と輿石東参院議員会長を呼んで協議。同席した枝野幸男幹事長代理は記者団に「提出の方向で調整している。衆院予算委と相談しなければならない」と語った。衆院予算委の13日の議決は国政調査権に基づくもので、国会法では政府が提出を拒む場合は、その理由の説明が義務付けられている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101018-00000091-mai-pol

ネットじゃ衝突の時に海保の職員が重傷負っただの殉職しただの
海に投げ落とされただの、それで公開できないとか
変な噂が飛びまわっちゃってるし。
とっとと公開してりゃそんなデマも流れなかったろうにねえ。


公開しなかったからデマが流れたといえば
10/2のデモを日本のマスコミが報道しなかったのは
そのデモで中国人に被害が出たからだ、な~んでデマが
中国で流されてそれで16日・17日の反日デモが必要以上に盛り上がっちゃった、
なんて噂もあるしね。
もし、それがほんとで反日デモで邦人に被害者が出たら
日本のマスコミの責任もセロではないわな。
ま、一番悪いのはもちろん中国と柳腰外交とやらの民主政権だが。

今や情報は瞬時に世界を駆け巡るんだから「報道しない自由」なんてのを
振りかざす日本のマスコミは自殺行為そのものだよ。


で、今日も反日デモがあったけど今日は記事の扱いが少ないね。
さすがにこれ以上報道しちゃうと反中感情が高まっちゃうって
判断なのかな、日本のマスコミは。

<中国>武漢でも反日デモ
中国湖北省武漢市で18日午後、反日デモが起こった。沖縄県・尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件に抗議する中国での反日デモは3日連続となった。

 デモは午後2時(日本時間同3時)ごろ、同市内の大学などが集中する付近の広場から始まった。複数の香港メディアや地元の目撃情報によると、参加人数は若者らを中心に100人前後で始まり、その後沿道の市民も加わって1000人規模になった。デモ隊は中国国旗を掲げながら「日本製品ボイコット」「日本を倒せ」などと叫びながら市中心部に向かって行進した。当局は多数の警官隊を配備して警戒。数時間後にデモは終了した模様だ。北京の日本大使館によると、邦人被害の情報はない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101018-00000071-mai-cn




検察審査会に強制起訴権を与えたのは民主だったよねえ。

小沢氏側申し立て却下=弁護士指定の停止認めず-東京地裁
東京第5検察審査会の起訴議決をめぐり、小沢一郎民主党元代表側が求めていた検察官役弁護士の指定の仮差し止めなどについて、東京地裁(川神裕裁判長)は18日、「検察審の議決は刑事手続きで争うべきだ」として、申し立てを却下する決定をした。小沢氏側は「議決には重大な瑕疵(かし)があったのに、起訴前に救済されないのは遺憾」として、近く即時抗告する意向を示した。
 小沢氏側は議決取り消しなどを求めた行政訴訟も起こしており、今後同地裁で審理される。
 小沢氏側の弁護士によると、決定で同地裁は「検察審査会は準司法機関であり、議決は行政処分には当たらず、行政訴訟の対象とはならない」と判断。刑事司法の手続きの中で争うべきだという考えを示したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101018-00000105-jij-soci

裁判で堂々と身の潔白を証明とか何とか言ってたんだから
その通りに裁判で戦ったらいいじゃん。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。