スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9万票

昨日は北海道5区の補選があったわけが
結果はご存知のように自民・町村氏の勝利。
しかし民主候補に9万票も入ってるんだよねえ。

民主票、自民に流出…前回支持維持できず読売新聞社が24日に実施した衆院北海道5区補欠選挙の出口調査によると、前回2009年衆院選で民主党の小林千代美・前衆院議員に投票した人のうち、今回、同党の中前茂之氏に投票した人は67%、自民党の町村信孝氏への投票は21%だった。

 民主は前回の支持をつなぎとめることができなかった。前回は町村氏で今回も町村氏に投票した人は90%に達した。

 民主からの「流出」は支持政党別の投票行動でも明らかになった。

 民主支持層に限ってみると、中前氏に投票した人は80%だったが、町村氏にも13%が流れた。

 対する自民支持層は、町村氏への投票が92%を占めた。公明支持層の9割強は町村氏に投票した。「支持政党なし」の無党派層でも町村氏45%は、中前氏33%を上回った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101024-00000723-yom-pol

前回民主支持で今回も民主支持が67%もいて
無党派層でも33%が民主に投票したってのが驚きだ。
いくら社会党の基盤である北海道だとしてもだ。

今回の補選は北教組と金の問題で辞職した小林前衆議院議員の
辞職に伴うものだったのだが道民は「金」「北教組」ってのは
大した問題ではないようだな。

そしていまだに根強いメディアによって刷り込まれた「自民=悪」が
抜けてない人たちがいるって証明だよなあ。
自民は勝ったと思わずに今後の課題を突き付けられたと思った方がいいよ。

でもさ、やっぱりおかしいよね。
今回の選挙でも北教組は勤務時間内の選挙活動とかしてたのにね。
なんら反省もせずにばれなきゃいいんだろ、って態度が見え見えの
北教組が支持母体の民主候補に何故に9万票も入りますか。

北教組、さらに日教組がいかに危険な団体か、以下の動画をご覧ください。
冒頭10分だけでもかまいません。どうか見てください。
平成22年10月21日文教科学委員会義家弘介議員の質問



そういやさ、民主が政権取ると老人が安心して
暮らせる社会になるんだったっけ?
20100214200634900.jpg

で、実際はこうなるらしいよ。

<高齢者医療>70~74歳、自己負担2割に 厚労省が概要
厚生労働省は25日、後期高齢者医療制度に代わり、13年度の導入を目指す高齢者医療制度改革案の概要を公表した。現在、70~74歳が窓口で払う医療費の自己負担割合は暫定的に1割に抑えられているが、現行制度の原則を踏襲し13年度以降、5年かけて順次2割に引き上げる。大企業などの健康保険組合(健保組合)の支援額を25年度に10年度比1兆4500億円増の7兆2000億円とするほか、税金投入割合(現行47%)を50%に高めて高齢者の保険料の伸び率を現役並みに抑えるものの、勤め人の負担は今よりアップする。

 骨格は75歳以上を原則市町村の国民健康保険(国保)に移し、国保を将来都道府県単位に広げる内容。同日厚労省は財政試算と併せ、窓口負担増などを有識者会議「高齢者医療制度改革会議」に示した。年末の改革案取りまとめに向け、今後は国保広域化の時期や運営主体が焦点となる。

 試算によると、25年度の保険料負担(1人当たり年額、被用者保険は事業主負担含む)は、75歳以上の国保加入者が10年度比3万2000円増の9万5000円なのに対し、75歳未満の国保は3万9000円増の12万9000円、健保組合は9万4000円増の28万9000円、中小企業中心の協会けんぽは7万2000円増の24万3000円となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101025-00000079-mai-soci

今更言ってもしょうがないけどさ
自民政権での後期高齢者医療制度って負担の増える対象者より
減る人の方が多かったのにね。
何かこれも言葉のイメージとメディアによって「悪」と
思いこまされた感じだよね。

結局子ども手当財源確保のために
様々な控除の廃止、必要な予算の仕分け、保険料の値上げ、
所得税の増税、たばこ税の引き上げetc…
民主政権になってほんとに暮しはよくなりましたね――――


チャイナリスクを考えよう。
アイアイとゆっくりの経済講座・特別編「中国民事訴訟法231条」

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。