スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ7日

JAXAがんばれ!

<あかつき>7日金星軌道へ 日本初の惑星探査機成るか
今年5月に打ち上げられた金星探査機「あかつき」が7日、金星の周回軌道に投入される。日本の惑星探査は98年に打ち上げた火星探査機「のぞみ」が軌道投入に失敗して以来で、今回成功すれば日本初の惑星探査機となる。

 あかつきは7日朝、エンジンを約12分間逆噴射して速度を落とし、金星のまわりを回る楕円(だえん)軌道に入る。地球との交信に往復約8分間かかるため、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、指令プログラムをあらかじめ探査機に送信。7日の作業は自動制御で実行される。

 金星は地球から最も近い太陽系の惑星で、大きさは地球とほぼ同じだが、大気の約96%を二酸化炭素が占め、気象も地球と大きく異なる。

 あかつきには6台の観測装置を搭載。金星の人工衛星として、濃硫酸の厚い雲を透過して活火山の活動を調べたり、雷などの発光現象を観測する。とりわけ、風速100メートルという猛烈な東風が吹き続ける「スーパーローテーション(超回転)」という大気循環の謎を探るため、風と同じスピードで飛びながら雲の変化を見続けるなど、過去に例のない観測が計画されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101205-00000060-mai-soci

理科2もわからぬ連中に仕分けなどさせてなるものか。

ようやく一段落。娘が理科2がわからない!!と泣いている。もちろん、私にもわからないので聞こえないフリ。less than a minute ago via web




結局また増税ですか。
「ガソリン値下げ隊」ってのが確かあったと思ったのですが…

環境税、23年度中に創設 政府税調方針 税暫定税率廃止は見送り
政府税制調査会は5日、石油、石炭など化石燃料の課税を強化する「地球温暖化対策税」(環境税)を平成23年度中に創設する方針を固めた。石油や石炭に輸入段階で課税する「石油石炭税」の引き上げで対応するが、急激な負担増を避けるため増税は小幅に抑える。一方、ガソリン税の税率上乗せ分(暫定税率)については廃止を見送り、現行水準を維持する方針だ。

 民主党は昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で環境税の導入方針を掲げているが、産業界の反発は根強い。このため23年度は石油石炭税の小幅増税にとどめる。

 ガソリン税1リットル当たり約25円を上乗せしている暫定税率は、民主党がマニフェストに廃止・縮小方針を掲げているが、「財政状況は厳しく、手を付けられない」(政府税調幹部)として、実施を先送りする。
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/101205/fnc1012052108003-n1.htm

だ・か・ら財政状況が苦しいのは子ども手当のせいでしょうが。


アイアイとゆっくりの経済講座その19「基軸通貨」



4ヶ月ぶりの「国旗の重みシリーズ」
国旗の重み 沖縄の東京オリンピック 第1話

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。