スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTV2こうのとりISSとドッキング成功!

ISSのアームに把持されるところも
機械的結合の瞬間もその後のフライトディレクタの質疑応答も
全部ニコ生で観た。素晴らしかった。日本の技術はほんと凄いね。

こうのとり ISS結合へ ロボットアームで慎重作業
国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ日本の無人補給機HTV(愛称・こうのとり)2号は27日夜、ISSとのドッキング作業を始めた。

こうのとり2号は27日午後6時50分ごろ、ISSの真下約250メートルに到着した。レーザー光線でISSとの距離を精密に測りながら10メートルまで接近。同8時41分、ISSの乗組員が備え付けのロボットアームでこうのとり2号をつかまえた。途中、ISSのカメラ画像が乱れ、こうのとり2号の位置が正常でないとの表示が出たが、乗組員らは正常と判断、予定通りの作業を続けた。

 茨城県つくば市の運用管制室で様子を見守った宇宙航空研究開発機構(JAXA)の横山哲朗ISSプロジェクトマネジャーは「日本への信頼が厚い表れ。打ち上げは遅れたが予定通り到着でき、我々のパフォーマンス(実行力)が示せた」と話した。管制責任者を務める田辺宏太フライトディレクターは「緊張の連続だったが、今日まではびっくりするほど順調で100点満点」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 こうのとり2号は28日午前0時半ごろ、ISSの第2結合部「ハーモニー」にボルトで接続を完了。電気や通信ケーブルをつなぎ終わる同4時ごろ、結合作業をすべて終える。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000039-maip-soci

把持の成功確認のシーンではつくばの指令室で
こないだサインをもらったフライトディレクタの前田真紀さんのガッツポーズが可愛かった。
見守ってた「こうのとりPM」のぬいぐるみ、売りださないかなあJAXA。


えっと、この人確か首相でしたよね?
んでもって、鳩山政権の時は財務大臣してませんでしたっけ?

首相、S&P格付け「初めて聞いた。私疎いんで」
菅首相は27日、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が日本の長期国債の格付けを引き下げたことについて、首相官邸で記者団から質問を受け、「今初めて聞いた。(衆院)本会議から出てきたばかりなので。そういうことに疎いので(コメントは)改めてにさせて下さい」と述べた。

 首相は午後5時半近くまで衆院本会議に出席した後、首相官邸に戻り、福山哲郎官房副長官、加藤公一、寺田学両首相補佐官と10分ほど打ち合わせを行い、午後6時過ぎから取材に応じた。日本国債格下げは午後5時前に発表されていた。

 首相の発言について枝野官房長官は記者会見で、「事故など危機管理上の緊急を要する案件と、しっかり分析して対応する情報は性格が違う」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000875-yom-pol

ちょっとこの人↓↓↓に意見してもらいたいですね(棒)

菅直人の今日の一言
格付け
2002年5月31日 00:00 :  日本の国債に対するムーディーズの格付けが二段階下がった。景気回復が見込めず財政悪化に歯止めがかからないと見られた結果。日本の国債はほとんどが日本国内で消化されその多くは銀行が買っている。通常なら格付けが下がれば国債も下がるのだが銀行は資金運用先が国債以外に無いため、国債の価格が下がらないという奇妙なことになっている。外国に資金が流出し始めれば一挙に国債は暴落する恐れがある。能天気な総理や財務大臣には分かっているのだろうか
http://www.n-kan.jp/2002/05/post-1294.php


んで、上の記事に話が戻って枝野が
「事故など危機管理上の緊急を要する案件」とか言ってるが
なら何故、宮崎の火山噴火にすぐに対応しない。
すでに降灰でかなりやばいことになってるじゃん。
鳥インフルだって対策本部立ち上げて12分会合しただけじゃん。
全てにおいて疎いじゃないか。


で、これは悲しいと言うか何と言うか…
とにかく酷い話だ。

小沢氏の週刊誌発言 宮内庁長官「悲しい」
天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見が平成21年に特例的に行われた問題で、民主党の小沢一郎元代表が週刊誌のインタビューで「ほかのどうでもいいような日程を外せばいいことでしょう」と発言していることについて、宮内庁の羽毛田信吾長官は27日の定例会見で、「個人的な気持ちとしては、悲しいおっしゃりようという感じはある」と述べた。記者の質問に答えた。

 小沢氏のこの発言は、週刊文春2月3日号の記事の中で述べられている。小沢氏はインタビューに答える形で「宮内庁の長官が、陛下はお疲れだとか、他の日程があるとか屁理屈をつけた」「陛下のご体調が優れないというのであれば、ほかのどうでもいいような日程を外せばいいことでしょう。この日程を外しますからご会見はいかがでしょうか、と陛下にお伺いをたてれば、そうすると仰(おっしゃ)るだろうと思いますよなどと発言したとされる。

 陛下と習氏の会見は、外国要人が陛下との会見を希望する場合は1カ月前までに申請してもらう慣行(1カ月ルール)を破る形で、21年12月に行われた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000564-san-soci

へりくつってなんだよ?
ほかのどうでもいいような日程ってなんだよ?
小沢はいったいどこの国の国会議員なんだ?


チャッピーさんの新作
自衛隊ちょっといい話 第五回 EP4

機付員物語EP4

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。