スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムよりも

アーマード・トルーパーかタクティカル・アーマーで
お願いしたい。
いや、私がボトムズとかガサラキとか好きとか
サンライズ高橋組が好きとか
そーいうのを抜きにしても。
ほら、実用性とか操作性とかさ…ね?

自民議員の「ガンダム実現構想」 産業振興としてマニフェストに!?
自民党議員の間でガンダムに象徴される二足歩行ロボットの実現を党のマニフェストに入れようという動きがある。産業振興の一環として国家プロジェクトとして取り組もうという狙いのようだ。既に石破茂政調会長にも提案しているといい、ネットでも話題になっている。

 提言しているのは、自民党の平将明衆院議員。1967年生まれの43歳で、世代的にはファーストガンダム世代に当たる。2011年2月16日にツイッター上で搭乗型二足歩行ロボットの実現について呟いた。

■イメージは「ランドメイト」や「パトレイバー」

 この日、山本一太議員が会長を務める自民党参議院政策審査会の勉強会に出席した。そこで、『あのスーパーロボットはどう動く』などの著書がある、立命館大学総合理工学研究機構の金岡克弥教授の講義があった。

 平議員は金岡教授の話に感銘を受けたようで、ツイッターで「1/1ガンダムを歩かせることは可能か?」「なぜ日本の二足歩行ロボットは不整地歩行を目指さないのか?」と問題提起し、自説を展開した。平議員によると、不整地歩行は10億円弱の予算で可能。しかもロボットに人が乗る搭乗型でできるという。

 ただ、「ガンダムは象徴であって、目標ではない」。ガンダムのようにレバーとペダルで操縦するのでは難しい。漫画「アップルシード」に出てくる「ランドメイト」のようなロボットをイメージしている。ランドメイトは作中での描かれ方を見る限り、身長が大体3メートルくらい。搭乗者の体の動きを読み取り、それに合わせて機体も動く、巨大な鉄の着ぐるみといった感じだ。他に似たタイプのロボットとして、アニメ「機動警察パトレイバー」に出てくるものを挙げている。

■石破茂議員に「政調会長、ご決断を」

 その後、「搭乗式人型二足歩行ロボットの実現に向けた取り組みが、自民党のマニフェストに入るかも。石破政調会長には提案済み。党の経済産業部会にかかる」と投稿。完成した初号機の名前は「Ishiba54」で構わないとし「政調会長、ご決断を」と提言している。

 自民党には他にもガンダム実現に向け動いている議員がいる。参議院の宇都隆史議員は、1月に「僕らの手で、ガンダムを作ろう!」という記事を自身のブログに掲載。同じく金岡教授の話を引用しながら、ロボットが重作業や災害対応など幅広い分野で活躍できると主張し、「先の見えない日本の産業改革に新たな灯火が見えた気がしました。これから、国家プロジェクトとして支えていけないか、色々な方にアプローチして行くつもりです」と書いている。

 平議員のガンダム実現構想は、ツイッターや2ちゃんねるで大きな注目を集めた。「自民党がガンダムでオタクを釣ろうとしているぞ」といったものもあるが、「これは面白そう」「子ども手当廃止すれば浮いた金でできるな」「支持するしかない」といったものも多数見られる。自民党の経済産業部会の担当者によると、経済産業部会長の西村康稔衆院議員も平議員の話を知っているといい、今後党で議論していくということだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110217-00000004-jct-soci

ま、当然叩く奴は「自民」と言うだけで叩くだろうから
そういうのはほっといて(民主のタイムマシン開発は叩かないくせにね)
これは良いと思うわけよ。
技術・科学立国としての日本にとって。
経済的にもね。
ただ、山本一太が関わるのはすご~く嫌だけどねえ。
せめてガンダムでもいいから山本一太抜きでお願いします。

記事中に出てくる石破茂政調会長に対する決断を迫るツィートがこれ。

初号機の名前は「Ishiba44」で構いませんから、政調会長、ご決断を。less than a minute ago via Keitai Web


訂正。「Ishiba54」でした。less than a minute ago via Keitai Web


決断迫るのに間違っちゃいかんでしょw
ヤマトならすぐにゲルはOKしたかも?w


こんなの始められてたんだ。
いつの間に?
またしてもまじめにやってると馬鹿を見る政策ですか、そーですか。
問題を取り上げるの遅すぎない?
取り上げないよりいいけど。

年金未納問題 厚労省救済策に問題点あると総務省年金業務監視委で異論相次ぐ
年金未納問題で、厚生労働省が2011年1月から始めた、会社員らの家庭の専業主婦の年金切り替え忘れに対する救済策に問題点があるとして、16日の総務省の年金業務監視委員会で異論が相次いだ。
年金は、自営業者など第1号被保険者の加入する国民年金、そして会社員など2号が加入する厚生・共済年金、そして保険料を免除されている会社員の専業主婦などの3号がある。
今回、議論となっているのは、厚労省が打ち出した救済策。
会社員である夫が、転職や退職などで厚生年金などの対象を外れた場合、その妻は国民年金に切り替える必要があるが、手続きを忘れて未納になっているケースが、全国に100万人以上いる可能性があるとして、厚労省は過去2年間分の保険料を納めれば、それ以前も支払っていたと見なすという救済策を1月に始めた。
しかし、これに総務省の年金業務監視委員会では「不公平だ」と異論が噴出した。
この不公平のポイントの1つ目は、きちんと切り替えを行って、保険料をすべて納めていた人と、2年分しか納めていない人の年金が同額になるのは、きちんと納付していた人が不利益になるという
点。
2つ目は、切り替えに忘れたことに2011年に気づいた人は救済対象となって、満額が支給されるが、2010年に気づいた人は救済対象とならず、未納の分、年金が減額になるという。
厚労省側は、「われわれの周知不足も原因で、本人だけに責任を求めるのは酷」などと話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110217-00000213-fnn-soci

デカ文字にした総務省側の意見が全てでしょ。
ちゃんと払ってる人が馬鹿みたいじゃない。
これって民主がやろうとしてる年金未納者にも
最低年金払うとかの布石じゃないの?
働いたら負け、年金払ったら負けな社会ってなんなの?

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。