スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援物資に続き義援金までも

中抜きしたり自分らの都合のいいように
支給するつもりなのかね?

義援金の配分基準「政府が目安を」…総務相
片山総務相は3日、都内で記者団に、東日本大震災の被災者支援のために国内外から寄せられた義援金について、「各県にどのくらい配分するか政府が目安を示したらどうか。身一つで逃れられた方への当座の支援が必要だ」と述べ、支給を急ぐため政府が当面の配分基準を設ける考えを示した。

 日本赤十字社と中央共同募金会に寄せられた義援金は2日現在で少なくとも計1154億円。通常、被災自治体と収集団体が作る配分委員会で使途を決めるが、今回は被害が複数県にまたがるため調整が遅れている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000453-yom-pol

だってさあ、義援金の振り込み窓口と政治資金の振り込み窓口が
全くな同じだった民主党だよ?
信じられるわけないじゃん。
今だって自民支持者が多い被災地には
支援の手がほとんど入ってないって話もあるのに。
統一選の結果で差をつけるとか平気でやりそうじゃん。


学生運動の頃は自分たちが投石してた側だったね。

東日本大震災 「民主と分からぬように」 支援参加議員に党要請
民主党が、東日本大震災被災地でのボランティア活動に参加する党所属議員に対し、同党議員とわからない服装で参加するよう要請していたことが2日、わかった。

 要請は、党震災ボランティア室が所属議員に出した「被災地支援活動へのご参加のお願い」と題したボランティア募集のチラシに記載された。服装の注意欄に「個人参加のため衆・参議員防災服、民主党表示のあるものは不可」とある。

 個人参加としているが、募集は党が行い、3、10の両日に宮城県石巻、塩釜両市で津波被害を受けた家屋から汚泥を撤去する活動を行う。早朝に国会から、バスで現地に入る。

 政府・民主党の支援や復旧には被災地で不満の声があがっているだけに、党内では「民主党の表示があると、被災者に石を投げられるからかも」と勘ぐる向きもある
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000089-san-pol

ボランティアのお手伝いもできない脳無しだってことが
ばれたら困るってのもあるのかもね。

こっちは取りあえず石投げられなくてよかったですね(棒)

「頑張って」被災者激励 首相、陸前高田など視察
菅直人首相は2日、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市と、東京電力福島第1原発事故の対応拠点となっているサッカーのトレーニングセンター「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)を視察のため訪れた。(2面に関連記事)
 首相は午前8時15分ごろ、自衛隊のヘリコプターで陸前高田市の滝の里工業団地に到着。近くの学校給食センター内に設けた市役所仮庁舎で、達増拓也岩手県知事、戸羽太市長の説明を受けた。
 約160人が避難する米崎小の体育館を訪問。世帯ごとに仕切られたブースを回り、膝をついて「物資は届いてますか」と声を掛けたほか、「国もしっかり対応するので頑張ってほしい」などと語った。
 妻や長男夫婦らと避難する無職大和田孝祐さん(70)は「マイクを使って何かあいさつすると思ったが、何もなかった」と物足りなさそう。首相と直接話した漁業佐藤一男さん(45)は「リーダーシップが感じられる言葉を聞けず残念だった。正直、何をしに来たか分からない」と語った
 首相は、津波で数万本の松がほぼ全てなぎ倒された国の名勝「高田松原」を望める松原大橋や、建物だけが残った市役所庁舎を視察。市役所職員は約80人が死亡・行方不明となっており、首相は庁舎前で黙とうした。
 この後、Jヴィレッジに移動。作業に従事する自衛隊、消防隊員らを「大変な作業をやっていただいて感謝する。皆さんの総力で抑え込まないといけない」と激励した。
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110403t71026.htm

何をしに行ったかわからないです、はい。
で、記事最後の部分の自衛隊、消防隊員らに対する言葉も
「皆さんの総力で抑え込まないといけない」ってなんだ?
何、押しつけてんだ?
「総力で押さえ込む」努力すべきは政府でしょ?
実際の作業は自衛隊や消防がやってるにせよ。
言うとしたら「押さえ込んでいただきたい」とか
「押さえ込むようさらなる尽力をお願いしたい」
じゃないの?


これこそ官房長官が記者会見で発表すべきでしょ。

福島県の野菜モニタリング 全品で安全性確認
福島県は2日夜、県内で採取した野菜の「緊急時モニタリング検査結果」(第2回)を発表した。3月31日採取したイチゴ、キュウリ、トマト、アスパラガスなど、43市町村の16品目49点すべてで放射性物質の暫定基準値を下回り、安全性が確認された。

 県によると、先月24日採取した第1回の検査(37市町村14品目27点)で、県北の伊達市の花ワサビから、暫定基準値(1キロあたり2000ベクレル)を上回る2500ベクレルの放射性ヨウ素が検出された。

 しかし、今回の調査では110ベクレルまで下がった。

 検査品目の追加で、今回新たに安全性が確認されたのは、オオバ、糸ミツバ、サヤエンドウ、スナップエンドウ、山ウドの5品目。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110402-00000568-san-soci

こないだ都内で一時数値が上がったのもさ
福一のせいじゃなく中国からの黄砂のせいだったんじゃないの?

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。